パチスロ機種 モレロウ

パチスロ花の慶次〜武威〜新台レポート【モレロウの書かせていただきます#2】

1/12~導入開始されたパチスロ花の慶次シリーズ5作目「花の慶次〜武威〜」を打ってきました。

本機は純増約8.7枚のAT機となっております。

スペックは以下の通り。

  CZ+AT ベース 機械割
設定1 1/551 51.3G 98.3%
設定2 1/508 51.3G 99.2%
設定3 1/496 51.3G 100.8%
設定4 1/421 51.3G 107%
設定5 1/286 51.3G 110.2%
設定6 1/237 51.3G

112.9%

引用:https://slot-spec.info/spec/1735/

 

注目すべきは設定3と4で約7%もの差がついている機械割。

これだけ上と下でハッキリと分かれている台は最近では珍しいです。

さらに設定4の機械割が高いと好評だった絆2を超える107%の機械割があるので、設定4以上が確定すれば一日安心して打てます。

その反面、他の台以上に高設定が使われづらい台になるのではないかという不安もあります。

参考にリゼロと絆2の機械割が以下です。

  花の慶次武威 Re:ゼロから始める異世界生活 バジリスク絆2

設定1

98.3% 97.4% 97.4%
設定2 99.2% 99.0% 98.6%

設定3

100.8% 101.0% 102.0%
設定4 107.0% 103.9% 106.1%
設定5 110.2% 108.0% 110.1%
設定6 112.9% 113.3% 112.9%

引用:https://slot-spec.info/spec/1360/https://slot-spec.info/spec/1525/

 

ゲームフロー

通常時はCZ「天下無双チャレンジ」からAT「傾奇Victory」当選を目指すのがメインルート。

CZは規定ゲーム数とチェリーで貯まる無法ポイントによって抽選。

規定ゲーム数は滞在モードによって期待できるゲーム数や天井が変化し、最大天井は991G。天国モード滞在時は191G以内での当選が濃厚になる。

無法ポイントは5pt貯まると発動し、抽選を行う。ptはチェリーを引くたびに必ず加算されていき、停止形によって1,3,5ptと獲得ptが異なり、余剰ptは繰越される。

画面右上にある数字は傾奇玉の個数を示しており、傾奇玉の種類・個数によってCZ突破期待度及び、AT初当たり時の初期ストック期待度が変化。

個数下にある傾奇ゲージは小役や特定ゾーンで溜まり、MAXで傾奇玉獲得。

ステージは4種類あり、「小田原」は無法ポイントの当選期待度upの高確ステージ、「京都」は期待度の一番高い前兆ステージとなっている。

通常時はスイカ・チャンス目で、傾奇玉獲得高確率ゾーン「傾奇語録」と傾奇ゲージ獲得高確率ゾーン「もののふZONE」の抽選を行なっている。

(恐らく、)有利区間開始時には傾奇玉獲得高確率ゾーンである「傾奇ZONE」へ必ず突入する。

 

 

CZ「天下無双チャレンジ」

3種類の演出が選べるが、内部的にはどの演出を選択しても期待度と抽選は同じ。

「城門突破」と「武将バトル」は3戦突破できればAT当選。途中で失敗してしまっても傾奇玉を使って復活できれば継続となる。

傾奇玉による復活抽選は1玉消化につき1/99で復活抽選を行い、極傾奇玉の場合は1玉消化で復活確定。

「キセル之刻」は突入時に傾奇玉を使い切りロゴの色をランクアップさせ、CZ終了までにキセル演出が発生すればAT当選となる一発告知演出だが、内部的な各種抽選は上記2種類と同じことが行われている。

また、AT当選時に傾奇玉を保有していれば復活抽選と同じ確率で初期武威ストック獲得抽選を行う。

 

 

AT「傾奇Victory」

純増約8.7枚で武威ストックがある限り継続する。(リミット到達時はエンディングへ。)

武威ストックは通常(赤武威)とEX虎(虎武威)の2種類があり、通常は10or20or30G継続のゲーム数固定型、EX虎は10G保証後に90~99%の継続抽選に漏れるまで続くゲーム数変動型となっている。

ゲーム数消化or転落で次の武威ストックを消化し、残ストックなしで終了。

AT突入時には武威ストック獲得特化ゾーン「天武の極」からスタートする。

「天武の極」では、毎ゲーム武威ストックを獲得し、特定ゲーム数では虎武威獲得期待度がupしている。4Gの継続保証後は継続抽選となるが、何らかの小役を引けば必ず継続する。

AT中は保有武威ストックを消化しながらハズレの連続・チャンス役・無法ポイント・擬似ボーナスで武威ストック獲得からロング継続、完走を目指す。

さらにAT中にはチェリーと擬似ボーナスの出現確率が優遇される高確率モードも有る。

AT最終ゲームでは、その時点で保有している無法ポイントに応じた復活抽選とチャンス役での復活抽選を行い、当選時には2~6個の武威ストック獲得となる。

 

 

実戦パート

0G〜スタート
842G CZ (規定ゲーム数) 21000円
成功 (極傾奇玉x2消化)
AT (CZ成功)
赤武威x2 (傾奇玉x146消化)
赤武威x7 虎武威x3 (天武の極)
赤武威x1 (スイカ)
163G 1300枚

144G AT (規定ゲーム数)
赤武威x1 (極傾奇玉x1 傾奇玉x61消化)
赤武威x5 虎武威x1 (天武の極)
赤武威x1 虎武威x2 (無法ポイント)
赤武威x1 (?)
192G 1720枚

803G CZ (無法ポイント)
失敗 (極傾奇玉x1 傾奇玉x89消化)

745G CZ (規定ゲーム数)
成功 (傾奇玉x103 消化個数はキセル之刻選択のため不明)
AT (CZ成功)
赤武威x7 虎武威x1 (天武の極)
赤武威x1 (無法ポイント)
91G 886枚

22G ヤメ 3039G 2721枚

新台導入初日に打ってきました。

僕の行ったホールの同時導入機種は、最新台が「S戦国乙女3 天剣を継ぐもの」「Sパチスロ頭文字D」「S南国育ちA5-30」「SLucky海物語」の4機種に、沖ドキ撤去により再導入されたハナハナ(5号機)でした。

「海<南国<慶次<頭D<乙女」が新台抽選の人気順でしたが、地域差もあるかと思います。

台を確保出来たことに安心しつつ、いざ実戦へ。

 

 

まずは筐体の手触りを確かめながらボタンを押してみると「本日の遊技履歴」とリール配列が表示されました。

CZ初当り確率や突破率、さらには前回のモード示唆演出などもあり、朝一からモード示唆演出が表示されていれば据置がわかったりするのかとも思いましたが、恐らくリセット時は何らかのゾーンから始まると思うので重要ではないですね。

実戦開始2Gでまずは傾奇ZONEへ突入し、すぐに3連チェリーから極傾奇玉を獲得しました。毎ゲームや小役で必ず傾奇玉獲得というわけではなく、ベルでも獲得せずハズレでも獲得したので恐らくはハズレも含めた全役で毎ゲーム抽選なんだと思います。

ここでは「極傾奇玉x1 傾奇玉x12」で終了。極傾奇玉3つあればAT確定というCZの仕様を考えると良いスタートダッシュを切れた気がします。

最初の規定ゲーム数煽りが50G後半からスタートし、前兆演出である「傾奇者絵巻」へ行きハズレ。

次の煽りが100G付近から始まり、ハズレ。次が200G付近で、ハズレ。そこから次の煽りが400G前半まで有りませんでした。

その間に266Gで無法ポイントが初めて5pt(MAX)溜まり前兆へ。

前兆の内容は規定ゲーム数の時と特に変わらず。強いて言えば、無法ポイントMAX時にプチフリーズしてボタンPUSHする演出があり、そこで赤文字か虎文字が選ばれれば期待度upとなります。

今回は特に当たる気配はありませんでした。

その後は320Gにチャンス目から傾奇玉獲得特化ゾーン「傾奇者語録」へ。

5G継続で毎ゲーム傾奇玉を獲得します。今回は傾奇玉23個で入り、50個まで増えました。

469Gにチャンス目からもう一度「傾奇者語録」へ。

529Gにチャンス目から今度は「もののふZONE」へ。こちらは傾奇玉ではなく、MAXになると傾奇玉がもらえる傾奇ゲージ獲得の高確率ゾーンです。このゾーン中にスイカからのゲージMAXで極傾奇玉を獲得しました。

ここからは800Gまでは特に何もなく、「870Gを超えるとAT確定」という台説明を見ていると810Gくらいから前兆が始まり、京都ステージから激アツな展開へ…842Gで当たり。

ここまでで投資が21000円。これはATに入れられないと厳しい、いや悲しい戦いになりそうです。

 

 

一応規定ゲーム数煽りが来たゲーム数を書いておきます。

59~
107~
200~
413~
706~
810~当たり

 

途中無法ポイントでの前兆や傾奇玉獲得特化ゾーンに入っていますのでズレもあるかと思います。

通常Aだろうなと思っていますが、詳細はわかりません。

少なくとも天国は191G以内。通常Cは591G以内。通常Dは341G以内とインターネットで調べたら書いてありましたので、AかBなのは確定です。

それと周りの台を見ても870Gを超えている台はなかったので、800G付近にかなり強力なゾーンがありそうな気がします。

 

842Gでの当たりはCZ。ここからCZを成功させてATへ突入させるのがメインルートになります。

CZはベルを5回取得してからスタートし、3種類の演出から選べます。

今回は「城門突破」を選択しました。そして大事な傾奇玉は「極傾奇玉x2、傾奇玉x146」。

(内部での抽選仕様はわかりませんが、)3戦突破のCZで極傾奇玉だけで2戦突破が確定しており、残りの1戦を敗北しても1/99の復活抽選を146回受けられると考えればATはもらったようなものですね。

城門到達までの数ゲーム間に出る煽りの台詞、そこから到達する城門の色や柄でチャンスアップがあります。

到達後はお馴染みのゲージ演出。傾奇御免で問答無用の突破となります。

 

初戦、壱の門。特にチャンスアップなしで失敗→極傾奇玉を消化し復活。

二戦目、弐の門。特にチャンスアップはなかったが、最終ゲームでスイカ。失敗→レバーオンで復活。極傾奇玉が消化されなかった(消化時には専用演出が出る)ので、元々突破していたかスイカで突破抽選に当選したのだと思います。この時点で極傾奇玉が1つ残っているので、無事AT確定です。

最終戦、天の門。ATは確定していますが、極傾奇玉が残っていれば初期武威ストックに回せるので使わない方が勿論お得ですが、失敗→極傾奇玉を消化し復活。ATへ。

 

ちなみにAT確定時にどこかで聞いたような音とともにどこかで見たようなボタンが出てきますが、押しても「いっそうちそう様です」なんて気の利いた台詞は聞こえてきませんでした。

 

ATはまず当選時に保有している傾奇玉での武威ストック抽選からスタート。傾奇玉は1/99で極傾奇玉は1/1で武威ストック獲得となります。

今回は傾奇玉を146個消化し、赤武威x2獲得。

その後は武威ストック獲得特化ゾーン「天武の極」がスタートします。

4G保証の毎ゲーム武威ストック獲得で、5G目からは継続率に漏れれば終了、小役を引けば継続となります。継続率は75%~90%となっていますが、これは恐らく小役を引いての継続も加味した継続率だと思います。

また、3,7G目が虎武威獲得のチャンス10G目が大チャンスとなっています。10G以降は見れていません。

今回は11G目で終了し、赤武威x7虎武威x3を獲得しました。虎武威は7,9,10G目に獲得したので、虎武威チャンスは素直に期待、それ以外のゲーム数でもチャンスはあるのかなという印象です。

 

 

初期ストックと「天武の極」での獲得武威ストックを合わせると、赤武威x9と虎武威x3。

ATの純増が約8.7枚/Gで、赤武威・虎武威はどちらも最低は10G、合わせて最低120Gで1000枚以上がこの時点で確定しているのは嬉しいですね。ほぼ返ってくる。

ATが開始し、消化は虎武威から始まりました。ベルは15枚役でファーストナビが色目押しのあとは押し順。純増約8.7枚ということでかなりの頻度で来ます。

虎武威は10Gまでの継続保証後はハズレ時に転落抽選となります。つまり、10G以降ベル・リプ・チャンス役を引き続ければ終わりません。ですが、ハズレもそれなりに来ます。

体感でのハズレ確率は1/8〜9くらいかなと思いました。虎武威の継続率は90%~99%ですが、これも小役を引いての継続を加味した継続率だと思います。

(虎武威を1日で計7つ消化しましたが、全て継続保証終了後の1回目のハズレで終わりました。ただ、無法ポイントやチャンス役での武威ストック獲得前兆中(本前兆中のみかも)はハズレを引いても転落しなかったと思います。)

そんな虎武威3つ分を消化した合計は63G488枚獲得でした。そこから赤武威7つ分の消化へ。道中のチャンス目、無法ポイント発動はスルーされましたが、スイカから赤武威を1つストック。

擬似ボーナスチャンスの逆押しナビも来ましたが揃わず。

虎武威x3 赤武威x9消化 163G1300枚を獲得して終了。

終了画面は「伊達政宗&真田幸村」グリーンバックじゃ弱いですかね。

通常時に戻ると「傾奇ZONE」が始まったので恐らく有利区間はリセットされていると思います。

その間に隣の台が500G台のあと200G台でCZに当選しているのを見てヤメたくなりましたが、せめてCZ3種類やるまではと続行しました。

 

「傾奇ZONE」終了時にはステチェン演出が入るのですが、今回のステチェンが赤背景で慶次がいました。

予想していなかったので撮り忘れましたが、通常ステチェンの黒い部分が赤くなっているのを想像してください。あと、慶次はいたと思うのですが、定かではないです。

モードが良いのかなと思いながら回していると、35G(チャンス目)と94G(スイカ)に「傾奇語録」へ。

その後、極傾奇玉x1と傾奇玉x61を保有した100G前半の前兆でまさかの当たり。しかも、AT直撃でした。

なんとも言えない風流仕った色合いの秀吉が夢に出てきそうです。大義でした。

初当りが「天武の極」確定のモードがあると台の説明であったので、そのモードだったのか、各モードでの初当り時に直撃の振り分けがあるのかはわかりません。

天国モード時は振り分けが優遇されてるなどもありそうです。

 

 

 

何はともあれATへ。

まず当選時に保有していた傾奇玉での初期武威ストック抽選は、極傾奇玉x1と傾奇玉x61消化で赤武威x1獲得。

続いての「天武の極」は7G目に終了し、赤武威x5と虎武威x1獲得。ここで通常時の台説明で出てきた、「『天武の極』開始時に光っているボタンを押すとロゴの色で継続率示唆」に従ってボタンを押すと緑色になりました。

赤武威x6虎武威x1を持ってATへ。いざ修羅しゅしゅしゅ。

虎武威から消化が始まりサクサク進めていると、スイカからの前兆や無法ポイントでの前兆もありながら30G経過。やれてるななんて思っていた33Gに3連チェリーから無法ポイント発動でなんと虎武威獲得。

1つ目の虎武威を40G370枚の獲得で終わらせて2つ目の虎武威へ。こちらもあれよあれよという間に36G358枚獲得。

虎武威2つで計76G728枚の獲得。これは己のヒキが試される台だと改めて認識しました。

赤武威消化中に3つ目の武威ストックが20G。虎武威は先に消化されますが、上位ゲーム数の赤武威は先に出てくるわけではないみたいです。もしくは、獲得時ではなく消化時にゲーム数抽選がされているかですが、詳細はまだわかりません。

さらに5つ目の赤武威でチェリー&擬似ボーナス高確率の「極桜ステージ」へ。このステージ、かなり逆押しチェリーナビがきます。

ただ5つ目では何もできずに「極桜ステージ」継続のまま迎えたラスト赤武威にて無法ポイントから赤武威獲得、と思いきや虎武威へ昇格。

さらに虎武威中も「極桜ステージ」は継続し、無法ポイントから赤武威獲得。

26G274枚で虎武威が終わり、またしても最後の赤武威ストックに移っても「極桜ステージ」は継続していました。

かれこれ46G間滞在し、この赤武威消化で56G滞在になるのですが、どういった仕組みなのでしょうか。この続き方がデフォルトであるなら「極桜ステージ」突入はかなり期待できる契機になります。

最後の赤武威10Gが終わり「極桜ステージ」のまま終わらせるのかと思っていたら、レバーオンで「+10G」されて復活。ただ、ステージは通常に戻っていました。

「極桜ステージ」でATが終わると継続するのか、隠れストックがあってたまたま「極桜ステージ」が終わったのか真相はわかりませんが、この時点で1642枚の獲得。

完走が脳裏をよぎりました。エンディングへの突入条件はわかりませんが、2000枚獲得で入りそうな気がします。(本当にデタラメです。)

そう考えると「極桜ステージ」でボーナスを1回でも引いていればと悔やまれます。

通常ステージの10G間じゃ何もできずにあえなく終了。4ptだった無法ポイントもなんの役にも立ちませんでした。

ただ、192G1720枚獲得し前回分と合わせて3000枚弱の出玉に。

これは夢がありますね。直撃だからいってATが弱いということも今回はなさそうでした。

 

背景は前回と同じ「伊達政宗&真田幸村」でした。前回直撃が出た背景だったので正直期待したのですが、「傾奇ZONE」でのステチェンは今回は通常。

もう言ってしまうと803Gに無法ポイントで CZに当たるまで何もなかったので特にチャンス画面というわけではなさそうです。

逆に赤ステチェンはあれ以降見なかったので、期待できる演出かもしれません。

通常時は割愛して、803GからのCZへ。

今回は「武将バトル」を選択。傾奇玉は極傾奇玉x1と傾奇玉x89。

いけると思ってました。今日ならやれるだろうって。

こちらのCZも3戦勝利で AT確定。対戦相手は色別(突破期待度別?)のパネルから選ばれて、一度突破したパネルは選ばれません。(パネルの色が白、青、緑、赤と分かれているが、今回は青の方が白よりも表示された勝率が低かった。)

初戦、白パネル・勝率50%OVER?。勝利。
二戦目、青パネル・勝率40%OVER?。敗北→極傾奇玉を消化し復活。
最終戦、緑パネル・勝率60%OVER?。敗北→傾奇玉x89消化し、失敗。

 

キツい。内部での抽選の仕様はわからないですが、演出通りに受け取れば40%を失敗し(二戦目)、60%を失敗し(最終戦)、約50%を失敗した(傾奇玉での復活抽選)事になります。

そしてのどかな終了画面。きっと示唆があるんだろう。

その後は当たり前のように「傾奇ZONE」に入り恐らく有利区間リセット。

最後にもう一種類のCZが出来たら撤退します。

 

 

今回も目立った事は特になく745Gでゲーム数からCZへ。強いて言えば前兆ステージ「傾奇者絵巻」中に右側にある保留のような行燈が、赤までいった前兆を2回外しました。

これで仕舞いのCZ3回目は勿論「キセル之刻」を選択。

このCZは他2つと違い、突入時に保有している傾奇玉を全て消化します。ボタン長押しで傾奇玉が減っていき、筐体上部のロゴの色が変化するほどチャンスアップ。さらに、消化中は昼<夕方<夜と背景の日が落ちていくほどキセル発生のチャンスとなります。

襖が閉まるとCZ終了で、それまでにキセル演出が発生すればAT確定となります。ただ、内部的な抽選はどのCZも同じみたいです。

今回の傾奇玉は傾奇玉x103。モードも設定も良くなさそうなので絶望的な気がします。

ボタンを長押しするとロゴが青色になったところで傾奇玉が全て消滅。絶望です。

10Gほど回していると襖がピシャリ。終わったなと「諦めレバーオン」で襖が開いて夕方背景へ。ここまではデフォでいくのかなと考えているとまた襖がピシャリ。今度こそ終わったなの「諦めレバーオン2」でまた襖が開き夜背景に。

これはあるのかと思っていた3G後に「期待しているけどぬか喜びだったら嫌だから一応諦めレバーオン」でキセル演出発生。

 

歓喜。

ATが確定し、武威ストック抽選中と帯が出たAT待機画面へ。恐らく傾奇玉での初期武威ストックがある場合はここで告知されるのだと思います。

今回は初期ストック告知なしで「天武の極」へ。

赤武威x7と虎武威x1獲得。今回初めて7を狙えカットインが出ました。

 

恐らくは赤7で赤武威、金7で虎武威獲得だと思います。

AT開始時の武威ストックは赤武威x7虎武威x1。今回のATでまさに虎の子な虎武威は全く猛威をふるわず11G92枚。虎柄なだけの猫武威でした。

そこからは赤武威の消化中に無法ポイントから赤武威を1つ獲得して終了。

91G886枚でした。こうみると純増8.7枚ってすごいなと感じますね。

終了画面が「松風に乗った慶次」だったのですが、前2回のAT終了画面は終了画面に切り替わったのに今回はAT画面がそのまま静止して終了画面になった気がしました。

違和感はあるのですが、良い要素では予感がしましたし、念のため回した「傾奇ZONE」後のステチェンも通常だったので22Gでヤメました。

快勝でございます。

 

 

総括

既視感を感じる演出が多かったのですが、最近は6号機自体がそういうものだと思っているので先に出たか後に出たかの違いなのかなと。

慶次シリーズで考えると通常時やAT中の雰囲気は5号機の「戦国パチスロ花の慶次〜これより我ら修羅に入る〜」に近い気がします。ただ、「これより我ら修羅に入る」が最後に打ったの何年前か思い出せないほどなので…。

通常時は規定ゲーム数での当選がメインになりそうです。通常時を2555G回して無法ポイント抽選が9回。

無法ポイント発動でのCZ/AT当選期待度が通常で約18%高確で約40%なので、当たればラッキーくらいのイメージの方が良いかもしれません。(インターネット調べ。)

 

通常時の前兆発生ゲーム数は1,3,4回目の当たりの時はほぼ同じゲーム数で発生していたので、モードによっての前兆の法則はある程度固定されているのだと思います。1,3回目では下一桁まで同じ前兆発生ゲーム数がいくつかありました。

また、「傾奇者絵巻」にいく前兆といかないで発展する前兆があり、ゲーム数毎に決まっていそうだったので、注意深く見ていけば早めにモードが特定できる可能性もあります。

多分僕の台は「A,天国orCorD,A,A」とモード移行していたと思います。ただ完全にサンプル不足なのでただの感想です。

CZは傾奇玉での復活抽選はやれる気がしますね。本日最初のCZ時には146個持っていましたから、それだけで1/99を3回当ててAT確定させるのも現実的です。

極傾奇玉を一つでも持っていれば期待度はグンっと上がりそうですね。勿論、情報通りの仕様なのか設定による差がないのかはわかりませんが。

ATはここ最近の6号機の中では屈指の自力感のある仕様だと思います。虎武威は小役を引けば必ず続き、それが出玉に直結するというわかりやすさが良いです。

終わる抽選は見えなくても良いんですけど、続く抽選が見えない台は平均以下が続くと疑心暗鬼になってしまいますから。

その点この台は「ベル・リプ・チャンス役」という小役を引ければ虎武威が必ず継続するので信用ができます。虎武威一つあれば完走できるっていう点は、ATへの信頼感に繋がります。

ただ高設定だと虎武威を獲得できない(しにくい)などあれば話が別ですが。

通常時に対しての評価は天井待ち(規定ゲーム数)という印象ですが、ボタンPUSHで見れる遊技履歴にモード示唆演出もあるのでモードを予想しながら低設定でも勝負できる台だと嬉しいですね。

 

このコラムを書いた人

モレロウ
Twitter:@morerou0123

パチンコ雑誌ライターを目指してパチンコ未来ラボに入会したユーザーです。27歳です。

オススメ

1

愛知県の人は笑いが分かってないらしいから、リクエストあげてくれへんかったかもしれない pic.twitter.com/J ...

2

宿命にL入れる店。 おっさんを救いたい。@parlourful pic.twitter.com/gUnrtvwnax — ...

3

皆好き嫌いあるのは当然で、それを公言するのも自由なので 表に立つ人は強い精神とかわす術が求められるし なかなかそれが出来 ...

-パチスロ機種, モレロウ
-, ,