雑談

「パチンコは日本人殺戮兵器」アルファブロガーさんが電力不足でも休まないパチンコ店を猛批判

灼熱の日々が日本列島を襲いかかっているのだが、これによって電気使用量が急上昇している。日本政府は抜本的対策を放置したまま、国民に対して「節電しろ、節電しろ、節電しろ」と喚いている。

この節電の内容は「なるべくエアコンを使うな」という話なのだが、これに対して「テレビを消す方が節電になる」という声もどんどん出てきていている。実際、1970年代の石油ショックの時代はテレビは深夜放送の自粛を行っていた。「テレビを見ない」というのは、効くのである。

では、どうせなら世の中の役に立っていない業界も完全自粛させればいいのではないか。

日本にとって害悪なパチンコ業界を完全自粛させればいい。そうすれば、ギャンブル依存症も減るし、節電ができるし、パチンコ業界も廃れるし、一石三鳥でもある。

パチンコというギャンブルは、公益財団法人日本生産性本部「レジャー白書」によると2017年でその市場規模は19兆5,400億円であると算出されている。

日本は今後カジノを解禁すると言っているのだが、すでに約20兆円という壮絶なるギャンブル市場があって、ギャンブル依存症の人は536万人もいる。ギャンブル依存症に詳しい荒川区議会議員の小坂英二氏によると、年間3,000人以上の人がギャンブル依存が原因で自殺している可能性があると指摘する。

しかし、実際にはこの3,000人というのは控えめな数字で、その数倍はギャンブル依存による死者が隠されている。

自殺ではなくても、ギャンブル依存で身を持ち崩して極貧の中で死んでいく人もいる。

本当にそんな人がいるのかどうか知りたければ、日本最大のドヤ街である「あいりん地区」に行けばいい。そこでは金のないはずのホームレス同然の人が、なけなしの金をパチンコに注ぎ込んでいる姿を見ることができる。

<中略>

本来であれば、「日本人殺戮兵器」と化しているパチンコをマスコミは糾弾しなければならない立場なのだが、糾弾するどころかコマーシャルを放映して依存者をもっと増やしているのがマスコミなのである。

パチンコで人生が破綻した人間が次々と自殺している姿を、マスコミは報道しようとしない。本来であれば連日のように報道されて然るべきだが、それを隠蔽するのである。悪質だ。

かくして「日本人殺戮兵器」と化したパチンコ屋は、下火になったと言われながらも、なお年間23兆円以上もの市場規模を持って日本社会に君臨する。

駅前の一等地にはどこにでもパチンコ屋が並び、どんな地方に行ってもパチンコ屋だけはある。この異様で薄気味悪い産業を政府はいつまで経っても放置しているのだから、日本の政治はどうかしていると言われても仕方がない。

引用:https://www.mag2.com/p/money/1220552

 

 

 

 

フルスロ
流石アルファブロガーさんやで~言葉のチョイスがかっくいい~(白目)

オススメ

1

【お知らせ】 今月、10/23 大阪府大阪市港区のパワースポットにまた遊びに行きます☺️ あ ...

2

983: フルスロットルでお送りします : 2022/10/03(月) 18:39:40.29 ID:Rs58kioW0 ...

3

皆様言わないので批判覚悟で言わせてもらいます❗️ YouTuber等の新台最速実戦動画はいら ...

4

1: フルスロットルでお送りします : 2022/09/27(火) 23:24:13.90 ID:XNI3gXgM0 へ ...

-雑談
-,