事件 店舗

【まーた釘曲げ事案】京都府でパチンコ店などを経営する「ナカサン」の社長や店長が書類送検へ

 パチンコ台に「くぎ曲げ」と呼ばれる不正な改造をしたとして、京都府警は9日、京都市南区のパチンコ店を経営する会社「ナカサン」(京都市右京区)の社長(44)、店長(50)、副店長(38)の男3人と、法人としての同社を風俗営業法違反(無承認設備変更)容疑で書類送検した。

 3人は容疑を認めているという。

 捜査関係者によると3人は共謀。府公安委員会の承認を得ずに5月29日と31日、パチンコ台2台の中央にある玉の入賞口のくぎをハンマーなどで曲げて不正に改造した疑い。5月に通報があり、府警が調べていた。

 くぎを意図的に曲げて改造する行為は出玉の増減につながり、射幸心を過度にあおるなどとして原則、風営法で禁じられている。修理など正当な理由がない限り、認められない。

 捜査関係者によると、店では10年以上前からくぎ曲げを実施。玉が入賞口に入りやすいよう調整することもあれば、逆の調整をすることもあったという。3人は府警に対し、「くぎ曲げをしないと客離れにつながる」などと説明しているという。

引用:https://news.livedoor.com/article/detail/23168664/

 

 

 

 

フルスロ
そりゃ摘発始めたら全部こうなるやろw

オススメ

1

690: フルスロットルでお送りします : 2023/01/25(水) 15:31:07.47 ID:2nffjWO40 ...

2

【上田が動いた…⚔】 最近出禁情報をアサヒグループの各所から頂きましたが…🏃 どうやら 『 ...

3

今回の警察庁の通達で何が変わったのか分からないという話を沢山聞くけど、一番大きな話をすると、10年前は取り締まるぞゴラァ ...

-事件, 店舗
-, ,