パチンコ業界

東京都TUCが500円の1g銀景品を導入決定!

東京都遊技業協同組合は9月27日の定例理事会で、1g銀賞品を導入することを報告した。都内パチンコホールへの導入時期は2024年4月の予定。

都内ホールに金賞品(商品)を卸している問屋の組合、東京商業流通協同組合では、金地金の高騰により、パチンコ店で1g金賞品の取扱いができなくなる課題に対応するため、1g金賞品と0.3g金賞品の交換を進めているほか、低価格帯の賞品として、流通価格500円の1g銀賞品の製作を決定していた。

1g銀地金の大きさは、1g金地金よりやや大きくなるが、ケースのサイズは、現在の0.3g金賞品と同じとなる。

都内ホールでは、平成3年(1991年)から暴力団排除を目的に、金地金を使った賞品を提供しており、銀地金の賞品化は今回が初となる。

引用:都内パチンコ店が新たに「1g銀賞品」を導入へ、2024年4月の予定 - グリーンべると(パチンコ・パチスロ業界メディア) (web-greenbelt.jp)

 

 

フルスロ
まじで、東京の端玉で全部お茶って言われたら重たすぎるから助かる

オススメ

1

これまで全く使用したことがない第三者による「私たち自身の身を守るため」という意味不明な商標出願結果 現役設定師→特許庁よ ...

2

ヤフコメより 「以前に逮捕された人物が今はベトナムで日本人向けに高レートパチスロ店出店して大儲けしてるんだよな。」 “違 ...

3

何したらこんなことになるの❓ pic.twitter.com/24lJLRfKF8 — ゼロ確ȃ ...

-パチンコ業界
-,